「副業を解禁したら休みがなくなる」は真っ赤なウソ!?副業を始めたら休みが増えて週休3日になった話

副業→複業で週休3日⁉

私は現在、会社員兼フリーランスとして
働いています。

これまでの経歴は、
・新卒で入った会社に10年以上在籍
・ベンチャー企業へ転職
・ベンチャー企業に在籍しながら、
 個人事業主として開業
・現在会社員をしながら、
 フリーで3社の仕事を掛け持ち

という状況です。

よく、副業を解禁すると、
本業に加えて仕事が増えるため、
ワークライフバランスが崩れ、
休みが取れなくなる

というような意見がありますが、
現実、私の休みは増えています。

そういった、自分で体験していない人の
評論的な意見で副業を解禁しない理由を
作っているような会社は、
副業だけに限らず、
色々と閉鎖的なんだと思います。

私は現在、
週休3日の生活を送っています。

長く土日祝日休みの会社に勤めていたため、
平日の休みを使って週末は混み合う店へ
行ったり、近所を散歩したり、
昼から飲んだり、
充実した時間を作れています。

この記事を書いている今は、
週休3日と祝日が続く4連休を使って、
家族旅行に向かっています。

平日を付けることで、
お得に、しかも混雑を避けて
スケジュールを組むことができました。

副業を始めて、なぜ休日が増えたのか?
また、収入はどうなったのかなど、
実際の変化をご紹介します。

収入の変化

働き方が変わって、
まず大きく変化したのが収入です。

現在、会社の給与とフリーの収入で、
毎月100万円
を超えることができています。

その内訳はこちらの記事で
詳しく書いていますが、
会社員として働く一方、
フリーでも働くことで、
収入を伸ばすことができました。

会社員として働きながら、
個人でも企業する兼業サラリーマンは、
手取りを増やす上でも、
また安定を保つ意味でも、
オススメな働き方です。


実はこの働き方は、
誰でもできる働き方です。

こちらの記事で紹介しているような、
クラウドソーシングサービス等を活用して、
すぐに始めることも可能です。

働き方

会社員として週に3~4日は、
オフィスに出勤
して仕事をしています。

一方で、フリーの仕事もあるため、
平日は1日1時間程度、
カフェでフリーで受けている仕事に関する
メールや資料づくり
をしています。

必ずやることがある、
というよりも、漏れがないよう、
この時間を作るようにしています。

主にはランチタイムを使って、
オフィス近くのカフェで1時間は
自分のPCで作業
しています。

どうでもいいですが、
フリー向けオススメカフェのランキング
暇つぶしに作りました(笑)
深い意味も無く、はてなブログで
書いています。

私の場合は、このように、
平日の出勤日は、
会社に出勤しながら、
並行して副業としての
フリーの仕事を進めています。
(フリーの仕事はコンサルティングが中心

なぜ週休が3日になったのか?

本題はここからです。

多くの方は週休2日の生活を送っています。
職業によっては、1日の方もいますし、
しばらく休みが取れていない方も
いらっしゃると思います。

私は、副業を始める際に、
収入に加えてもう一つ考えていたことがありました。
それが、「週休を3日に増やすこと」です。

その仕組みや交渉内容は
過去の記事に書きましたが、
複数の仕事の組み合わせを
週4日に収めることで、
どのオフィスにも出勤しない日を作りました。

・収入を増やす
・休日を増やす
・仕事を増やす
は同時に実現可能です。


「副業で休みがなくなる」は、
全然当たっていません。

もし今副業を始めようと思っている方は、
仕事を増やす、収入を増やす、という
ことに加えて、
「休みをどう組むか」
を是非併せて考えてください。

自分の組み方次第で、
自由な時間を増やすことは可能です。


色々な選択肢

私の場合は、
こういった働き方を実現する手段が、
転職と兼業サラリーマンという
働き方
でした。

これ以外にも、
在宅副業を増やして、
日々の残業を抑える
方法も、
主体的な働き方と言えます。

今の仕事を辞めて、
個人起業する
ことも選択肢です。

これからは、
会社にしがみつくこと自体が
リスク
になっていく時代だと思います。

自分の希望する仕事、
働き方、収入を具体的にイメージ
して、
実現に向けてチャレンジしてみては
いかがでしょうか?

(記事のシェアをお願いいたします!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です