兼業 複業サラリーマンへの一歩(30代後半~)

まずは自分の市場価値を(こっそり)知る

ほとんどの方が今の会社一本で働くか、
転職して新たな会社に行くか、、、
という二択に悩むことがあると思います。


私も同じように考えていました。


どうやれば人間関係に左右されず、
自分の仕事に集中できて、
時間も場所もある程度
自由な環境で働けるだろう

と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
(私もそうでした。)

転職サービスは複数の併用が◎

新しいライフスタイルを手に入れる第一歩として、
まずはいくつかの転職サービスに登録して、
今の仕事以外の可能性を知ること
が重要です。

私もいくつかの転職サービスを比べてみて、
最も信頼できる方から紹介いただいた
企業への転職
を果たしました。

因みに、年収レンジは1000万円~
転職先では
ストックオプションを

多めに付与してもらいました。

ストックオプションに
過度な期待は禁物ですが、
一つのモチベーションとするのは
良いことだと思います。

転職後、結論から言うと・・・
何でもっと早く転職しなかったのか?
と思ったわけです。


当たり前ですが、
世の中に沢山ある会社の中で、
最初に入った会社が
自分のベストである可能性は、
ものすごく低いのですが、
何となく、縁とか運とかで
自分を誤魔化しながらやってきたものの、
やはり自分にとって
より良い環境を手に入れるには、
多少の努力も必要
なわけです。

転職サービスは
各社それぞれ得意分野が異なるため、
一つに絞っての活動はリスキー
です。

また、複数のサービスで
共通のエージェントが出てくるなど、
裏側の仕組みがどうなっているかを知る上でも、
最低でも3つぐらいのサービスに
登録することが得策です。

その前にオススメなのがMIIDAS

私が転職する際に
実際に使ってみた転職サービスを
いくつかご紹介していきますが、
その第一歩となるのが、こちら。

MIIDAS(ミイダス)

いきなり転職サービスに登録して、
初めて会話するエージェントのペースで
話をグリグリと進められる前に、
使ってみると良いと思います。
転職の下準備としては
最適なサービスでした。

何よりオススメなのが
いきなり人と話さなくて良い点です。

特に最初の転職では
右も左も分からないまま、
よくわからない会社の面談が進んでしまったりと、
自分の考えを整理するのが難しい
と思います。

もちろんエージェントはそれも織り込み済みで
ガンガン来るのですが・・・。

その前に、自分自身を客観視することももちろん、
知らない人と会話することなく、
自分の今の環境ってぶっちゃけどうなの?
ということを見る上で、
無料、かつ2分ぐらい
休憩時間でもサクッとこなせる点がオススメです。

あと、面接確約オファーだけが届く
というのも時間の無駄がなく良いですね。

一度登録したら、
あとは自分へのオファーを見ながら、
一度冷静に考える時間を得られる
とともに、
今の会社で耐えなきゃいけない、
という思い込みからも解放されます!

因みに、私の場合は468社の条件と合致、
想定オファー年収は778万円と
今より低い年収が出てきました・・・。

まぁ、あくまで目安ですから
気にしないことが得策です!

他にも自己分析が結構当たっていたり、
試してみると面白いですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です