私が起業ではなく副業を選ぶ理由

自由とは?

私は会社員でありながら、
3つの仕事をフリーランスとして掛け持つ
複業・兼業サラリーマンです。

この働き方を始めて以来、
収入が増え、休みが増えました(笑)
ついでに残業というものも
ほぼ無くなり、

休みの日は思いっきり遊んでいます。

よく、自由に働く方法として、
起業を促す人がいますが、
私は起業=自由では無いと思っています。

家族を持つ私にとって自由とは、
「心が自由であること」であり、
時間的な自由は「不安」にもなり得ます。

人それぞれとは思いますが、
例えば自宅で事業を始め、
毎日子供が学校に行く時、
そして帰って来る時に、
いつも家で仕事をしていたとします。

会社員から見れば、
一瞬とても良い働き方に見えますが、
実際のところ、収入が不安定で、
毎日家にいることは、
心から休まるでしょうか?

資産が使い切れないくらいある方を除き、
何かしなければならない状態で、
家にいることは辛いことかもしれません。

細かい苦労は色々あるかもしれませんが、
毎月の収入でベースの安定を守るために、
一定のリズムでやれる仕事があることは、
ある意味では幸せ
なことだと思います。

そこでつながる人脈や、
新しい考え方に触れることも、
一人ではなかなか得られない、
貴重な経験だと思います。

起業ももちろん立派だと思いますが、
本当の意味の安定は
なかなか得られないと思います。

一瞬絶好調でも、
それが続く保証はありません。
社員であれば他の仕事を探すだけですが、
自分でリスクを背負っている方は、
莫大な借金を抱えるリスクを
ゼロにすることはできない
のです。

自由というものが何かは、
人それぞれですが、
私にとっては、
「心が安定している状態」こそが、
自由
であると思います。

守るべきものは何か?

Examples of a family drawing assessment: A drawing from a child scored with minimal indicators of family dysfunction (top), and one from a child scored with elevated levels of family dysfunction (bottom).

私にとって、
生きていく上で大事なものを
冷静に考えたとき、
1位は間違いなく家族だと思います。

子供たちと一緒にいる時間を
最大限増やすことが幸せと
考えていたこともありますが、
今思うことは、
家族でいる時間に、
心から落ち着いた状態で
接することができる状態
が、
最も幸せだと思っています。

一見、働く時間を減らすことが、
重要に思えるかもしれませんが、
私にとっては、
例えば収入面でもある程度の
安定を得て、
休みの日は子供たちと何をするかに
集中できる状態こそが、
最も重要
だと思っています。

この価値観を実現する上で、
私にとってベストな働き方が、
複業・兼業サラリーマンでした。

本業は持ちつつ、
そこに全人格が帰属するのではなく、
他にも収入源を持つことで、
心が自由になる
、あるいは、
趣味的に働くことが、
最も心が安定する状態を
生んでくれています。

他収入源は、
これまでの記事にも書きましたが、
どんな小さいものでも良いと思います。

例え月に2万円でも、
本業の収入とは別に、
子供たちを旅行に連れて行ったり、
美味しいものを食べたり、
休日に回せる余裕資金を
もし別で稼げたら、
間違いなく心の余裕が
生まれます。

是非、多くの人に、
自分のやりがい、といった、
自分だけの視点ではなく、
また、お金が目的だと上手くいかない、
といったような評論的な見方ではなく、
心の自由を持つための、
副業を勧めたい
と思っています。

残念ながら、
お金は全てではありませんが、
多くのことに必要なものです。

あと少し収入を得たい
と思ったときは、
躊躇せずに、副業で自分自身の
やりやすい商売を始めてみてください。


(自宅で始められる簡単・安心な副業は
 こちらの記事)

副業は経済的安定を
堂々と目的にすべき

副業は、特に家庭のある方にとって、
あと少し収入を上げて、
心の自由を生む上で、
絶大な効果があります。


それは、私自身の経験を踏まえても、
約束できます。

一方で、働き続けることで得られる
心の安定
もあると思います。

両方を得られる働き方が、
複業・兼業だと考え、
実践しています。

この働き方は、
もう少し広がっていくのではないかと
思います。

この記事を読んで下さった方が、
少しでも心の自由を増やせれば幸いです。

(これまでの記事はこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です