複業・兼業サラリーマンになってわかった!意外なメリット

収入だけじゃない!
パラレルワークの意外なメリット

私は現在、
会社員としてある会社に籍を置く一方、
個人事業主として、
コンサルティングやアドバイザーなど、
幾つかの仕事を掛け持ちしています。

複業はやり甲斐、生き甲斐など、
美談も多いですが、
実際のところ、
もっと収入を上げたい!と思って
検討される方の方が
圧倒的に多いのではないでしょうか?

(複業で収入はどう変わったか・・?
 実収入レポートはこちらの記事から)

ただ、実際やってみて分かったのは、
収入だけではない、
複業・兼業のメリット
です。

以下、いくつか自分で感じている
メリットをご紹介します。

①残業が劇的に減る

現在私は30代後半ですので、
企業にいても残業代のつかない
管理職としての扱い
になります。

若い頃から
元々あまり残業をする方ではないため、
そもそも残業していなかったのですが、
兼業になって分かったのは、
キリのいいところで
更に切り上げやすくなったことです。

なぜなら、周りから見ると、
「あの人は他にも仕事をしているから、
 さぞ忙しいんだろう」、
という認識が存在することです。

つまり、この仕事の後も
他の仕事があるのだろう、
と無意識的にも思われるため、
これまでよりも
早く切り上げやすいことに加え、
既定の時間後の連絡も
少なくなりました。

現に、
早いと16:30頃オフィスを出て、
17時過ぎには家で作業し、
19時にはPCを閉じて
家で夕食を食べている
ことも
結構あります。

これは、1社に勤めている時には、
実現しない生活でした。

②休日が増やせる

現在私は2週に1週、
週休3日となっています。

このカラクリは過去記事にありますが、
当然複業となると、
頭の切り替えが必要になります。

その疲れを癒すという
自分への口実で、
2週に1週の休みは、
大事に過ごすことにしています。

子供がいると、
土日は色々立てこみますよね?

夫婦でゆっくり、
あるいは自分の時間を作る上で、
平日の休みは貴重です。

週末は混みあうお店に
夫婦でランチに行く
など、
自由な時間を作れるのは、
兼業サラリーマンならでは、と言えます。

祝日を含む3連休に
独自休暇を加えることで、
少し遠出した
海外旅行も可能になります。

③経費の幅が拡がる

個人事業主になると、
これまでサラリーマンとしては、
例え仕事用に使っていても、
単なる出費として扱わざるを得なかった、
カフェ代や衣服、携帯代など、
あらゆる出費が経費として扱えます。

実際、カフェで自分の携帯で
個人事業の作業をやっている場合、
このカフェ代や携帯代は
個人にとって経費扱い

となります。

当たり前と言えば当たり前ですが、
サラリーマンで
自腹を切らざるを得ないシチュエーションは
非常に多い
ですよね?

次の打ち合わせまで
時間が空いた時に入る喫茶店、

結構高くつくスーツ、革靴など、
仕事のための買い物も、
個人事業に置き換えれば、
仕事のために使っているものは、
明らかに経費になります。

この辺りは、
会計ソフトで
色々見ることができます
ので、
試してみてください。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

兼業を始めてから、
会社の仕事の合間は
なるべくフリーの仕事を進める
時間にしており、
この時に入る喫茶店や、
仕事につなげる上での会食
業務に使う衣服など消耗品の購入は、
経費として算出しています。

携帯もほとんど仕事のために
使っていませんか?

個人事業を始めると、
こういった費用を経費計上できる
ことに加え、
費用管理の意識も高まります。

いざ日々の出費を「経費」と見ると、
浪費家だった私も
必要な費用以外を絞る意識が高まり、
なんと私個人の出費(=浪費)は
3分の1まで減りました。


結果的に貯金に回せる金額が
自分でも驚くほど多くなり
今までは何だったのか・・
と感じています。

週1から柔軟に活躍できるプロ向け案件をご用意【Workshipフリーランス】

兼業サラリーマンという
合理的な働き方

以上のように、
サラリーマンでも個人事業主でもない、
兼業サラリーマンのメリットは、
収入アップだけでなく、
表面上見えないところにもあります。
(収入アップの方法は過去記事
 ご覧ください)

皆さんも、
今の会社+αの収入を得ながら、
自由な時間を作って、
賢く資産を増やされることを
オススメします!

在宅で簡単にできる安心な副業は、
こちらの記事からどうぞ。
(2019年最新版はこちらから)

【ハイパフォーマー コンサルタント】


“複業・兼業サラリーマンになってわかった!意外なメリット” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です